Nihon in my hert

 もし、日本人の全てが運命付けられていて
歴史の全てに耐えられなければならないのだとしたら
 我々はいつも挑み続けるだろう
なぜなら、その先に地球の調和が現れるだろうから
 日本人の使命は分からないが
何が本当に大切なものかはわかる
 それが我々を特殊な者とする
だから恐れない 真実はいつも心の中にあるから

 人は争うためのものじゃない
だから我々は貴い生き様を示そうとする
 たとえ闇の時代を歩くことになろうとも生き様は
我々を輝かせる
 日本人に与えられた恩寵は
いつも心の中にあるから
 その恩寵は永遠に日本人の中にあるから
いつか此処から去る事になろうとも 
 我々の輝きは永遠に記憶されることだろう

(2018年春分の日に)

この記事へのトラックバック